施設概要

施設名 社会就労センター けやき
事業内容 就労移行支援事業、就労継続支援B型事業
所長 戸松 尚美
所在地 岐阜県多治見市平和町6丁目364番地 (〒507-0827)
開設 平成15年4月1日
職員 16名 (パート含む)
利用者定員 40名
施設規模
  • 敷地面積 1,494.82㎡
  • 建物延べ面積 526.75㎡(第1作業場) 277.38㎡(第2作業場)
 

~基本方針~ 「どんな障がいを持った人も、地域の中で生活する」

  1. 利用者の基本的人権の尊重
  2. 働く、暮らす、遊ぶことを基本とした生活
  3. 地域に開かれた施設運営
  4. ひとつ上の福祉サービスを提供

~処遇方針~

  1. 基本的生活習慣を身につける事が出来る
  2. 仕事の意義を理解する事が出来る
  3. 自分の役割と責任を意識し、理解する事が出来る
  4. 一人ひとりの個性・意思を尊重する
  5. 地域に開かれた施設を目指す
  6. 職員の専門性の向上を図り、より高度な支援を目指す
  7. リスクマネージメント意識を常に持つ
  8. 苦情解決システムを確実に運用する

~事業(作業)の内容~

クリーニング班 病院等で使われる、タオルやフェイスタオルのあらかじめ殺菌したものや、看護師や患者さんが着用する白衣・検査着等のクリーニング作業を行います。大型の全自動洗濯機・乾燥機で洗濯・乾燥させ、毎日集配を行います。
ほかに、シーツ、枕カバーなどのクリーニングも行い、これらは安全装置付きの綿プレス機で、また白衣は上着・ズボンそれぞれ専用のプレス機を使用し、スチームアイロンで仕上げています。
主な取引先は、県立多治見病院、土岐市総合病院、タジミ第一病院、産業保健センターなどです。
他に県のハート購入制度により、県立の各施設からの注文や、個人病院や東濃鉄道をはじめとした新たな取引先からの受注も増えてきています。


縫製班 主に女子利用者を配属して、経験豊かな支援員が、布の裁断等の下準備や電動ミシンの扱い方を指導して、いろいろな布製品の加工をしています。
現在は主にリサイクルとしてのジーンズを利用したバッグや小物類などを中心とした自主製品を製作し、近隣の小売店や大型ショッピングセンターでのバザーなどで好評販売中です。
他にもズボンのスソ直し、縫製に関するいろいろな作業ができますので、要望があればホームページからお問合せください。
これら自主製品の販売店は、けやきテラス(市役所)、駅北ファーム(多治見)、日本昭和村(美濃加茂)、リコシエ村(瑞浪市)、福祉ショップWA(岐阜市)などです。


調理班 けやきの昼の給食の提供と弁当事業を行っています。弁当は市民病院、県病院、社協などの売店や民間の事業所や個人宅などへの配達をしています。また、市福祉課が行っている独居老人への宅配弁当も行い、1日100~120食の弁当販売を行っています。23年8月に新しい厨房が完成し弁当が1日200食位出来る能力となり、販売の拡大を図る計画となっております。
調理直販班 クッキー販売や学校への昼食販売、バザーや売店などへ直接販売する事業も行っています。販売活動を通して社会的マナーやコミュニケーションを学び社会人としての成長に貢献しています。
施設外作業 駅舎清掃など施設外での作業も行っています。
車の清掃・洗車作業も行っています。

~1日の流れ~

~9:00
各自通所
9:00~9:20 体操・朝礼
9:20~10:30 作業
10:30~10:40 休憩
10:40~12:00 作業
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~14:45 作業
14:45~15:00
休憩
15:00~16:00
作業
16:00~16:30
掃除・終礼
16:30~
退所

~1週間の予定~

 
午前
午後
月曜日 全体清掃 5S、カイゼン活動
作業
火曜日 作業 作業
水曜日 作業 作業
木曜日 作業 作業
金曜日 作業 作業
土曜日
余暇 活動 行事
※土曜日の余暇活動、行事等は月2~3回実施。

~ 社会就労センター けやき ~

  • 〒507-0827
  • 岐阜県多治見市平和町6丁目364番地
  • TEL:0572-22-1011
  • FAX:0572-22-0911

アクセスマップ

けやきネットショップ

施設案内

社会就労センター けやき

社会就労センター 第2けやき

社会就労センター 第3けやき

社会就労センター けやき可児

けやきカレッジ

生活支援センター CSポート

サポートセンター Uライフ

相談支援センター リンク

かえで保育所